はり・灸について
はり・灸はなぜきくの?
東洋医学では人のからだには「気」が流れていると考えられています。
この「気」の流れが滞ると痛みやこり、ほてりや冷え等からだの不調が現れるのです。
からだに現れた反応点である「ツボ」を刺激して、気の流れを良くすることで、からだの不調を治します。

 

はり・灸治療は安全ですか?

当院で使うはりは、すべて清潔な使い捨てのはりです。
また、はりの受け皿等もオートクレーブ(加熱加圧消毒装置)で滅菌処理しています。
使用後のはりは認可を受けた業者を通して医療用廃棄物として処理しています。
安心して治療をお受けください。


はり治療は痛くないですか?

「はり」といえば、韓流ドラマ「チャングムの誓い」の中に出てくるような太くて長いはりを想像する方も多いのですが、まったく違います。
治療に使うはりは、直径0.14mmのステンレス製で髪の毛のような太さです。からだに刺入する深さも2〜3mmですので大変優しい刺激です。
チクリとも感じないことも多く、たいていの患者さんは治療中に眠ってしまうほどです。
「からだにはりを刺している状態が心地よい」これが当院のはり治療です。


お灸は暑くないですか?

お灸は「もぐさ」をからだのツボの上で燃やして行う温熱治療です。
もぐさの原料はヨモギで、葉の裏の細かい毛を乾かして作った綿のようなものです。これを用途によっていろんな形に成型して線香で火をつけます。
文章で読むと熱そうですが、実際はふわっと温かい〜ジーンと温かいくらいの温感です。痕になるようなこともありません。
とくに女性の冷えや生理不順、不妊などに高い効果が期待できます。
お灸の後は「なんとなくぽかぽか温かい」「からだが軽い」と感じられます。

手頃で使いやすい「せんねん灸」のようなものを使って、家庭で養生するのも効果的です。
ご要望があれば体調に合わせた灸点をご指導します。

最近、お灸が安全で効果的な健康法として見直されているようです。
東京の鍼灸サロンでは女性向けに開かれている「お灸教室」が人気があるらしく、「お灸女子」という言葉も出てきているそうです。
ぜひ、お灸を養生の手段として取り入れて下さい。


小児はりとはどのようなものですか?

昔から伝わる子どもの治療法です。先の丸い棒状のはりを使用し、子どもの体をさすったり軽く押したりして、子どもの不調を治します。
施術の痛みはなく、心地よい感覚を得られます。慣れてくると施術中に子どもさんがうっとりとした顔になり、リラックスした様子が現れます。
ほとんどの子どもさんは、この「小児はり」が大好きで、治療を楽しみにしてくれます。
※施術者や治療院になれてもらうまでに何日かかかる場合があります。

夜泣き、疳の虫、食欲不振、ぐずり、中耳炎、夜尿症、チック等広く治療効果が期待できます。

子どもの機嫌が悪いとお母さんもイライラすることが多くなります。お母さんのイライラを子どもが察知して、またぐずぐず…。
こんな悪循環を断ち切りましょう。
小児はりの効果は一言でいうと「子どもの機嫌がよくなる」ことです。
子どもも、心やかだだにストレスを感じています。やさしい刺激で気のめぐりをよくし、本来のすこやかな状態に戻るおてつだいをします。

戻る
恵風しんきゅう院案内図